ロンアン省人民委員会での和歌山県代表団との打合せ
2015-11-30 星期一
2015年11月24日、ロンアン省人民委員会副委員長:グウェン副委員長と和歌山県)企画部:津井国際担当参事様との会談が行われました。
和歌山県の皆様は、農業分野においてロンアン省と協力・連携の関係が構築出来ればとの意向で訪問されました。 
ミーテイングの中で、ロンアン省の農業局長と投資に関するアドバイザーの山下が、ロンアン省の農業行政の現状について説明しました。特に、ロンアン省の特産であるドラゴン・フルーツ、ライム、カシューナッツ、蓮の実、胡麻、ピーナッツ等を説明致しました。

ロンアン省人民委員会でのミーテイング風景
また、和歌山県の津井様から「和歌山県は、日本の農業の分野において高度に発展している県です。また、ロンアン省の農業はベトナムの中でも高度に発展していると理解しています。和歌山県とロンアン省は非常に似たものを持っていると思いますので、協力し合うには好都合だと思います。」とのコメントがありました。
また、津井様から「今回の代表団の中に、食品輸送の会社及び食料加工の会社の代表の方が参加しています。協力し合える事柄が有ると思っています」とのコメントも頂きました。)
ロンアン省のグウェン副委員長から、越日両国が参加するTPPの合意に基づき、我々二つの地方政府においても、経済的な面で協力できる可能性が有る事を心強く思いますとのコメントが有りました
また、グウェン副委員長は「日本の農業製品というブランドは、品質の面からベトナム市場で十分に受入れられるものです。従って、ロンアン省の企業は、日本のの偉業分野の企業と連携を取りたいと思っています。そして日本のマーケットに見合う品質・加工方法等の日本基準を勉強したいと願っています」とのコメントが有りました。

和歌山県とロンアン省都との記念撮影
このミーテイングの後、和歌山県の代表団は、ドラゴン・フルーツの輸出企業やロンハウ工業団地の日系企業の視察を行いました

LONG AN省経済区管理委員会 (LAEZA)
大きな地図で見る
お気に入りのガジェットのサイトは何ですか?